シーバスから磯でのフカセ釣りまでの多種多様釣り日記をメインに、趣味のサーフィンや2009年5月9日予定日の愛娘育児奮闘日記も更新していきます。
2017/09«│ 2017/10| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/11
文字サイズ文字サイズ:小文字サイズ:中文字サイズ:大
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
21:35:48
育児も落ち着いたし、ブログ再開します。
てか見にきてくれる人いんのかな????
さっそくですが、シーバスマガジン1月号に記事と写真が載っちゃいました。
Jackson Tackle storyのページですので見てみてください!!

スポンサーサイト
2010/07/29
10:52:40
華麗衆の集いとか書くネタは沢山あるんですが、その前に1つ!!



なんと今月26日発売のシーバスマガジン9月号にオレの書いたレポートと写真が載っちゃいました(*^^*)


立ち読みじゃなく是非買ってください(笑)

ちなみに内容は秘密ですから見てくださいね。
2010/07/13
18:16:07
超お久しぶりになります。凍結状態でしたね(^_^;)
5月から近年まれにみる位、公私共々バタバタしてました(汗)
まずは嫁さんの叔父が急に危篤になり急遽、茨城まで車でブッ飛ばして行ったり、
子供が中耳炎になったりオレが偏頭痛で病院に通ったと思うと今度は右脇腹に激痛が走り、
転げまくってまた病院へ…。結果は大腸炎だったりして、もう踏んだり蹴ったりの
日々を過ごしてました(T_T)
そんな中でも釣りに行きたい気持ちは押さえられないのが釣り人(^^)
嫁さんに怒られながら、また脇腹を押さえながら、しっかり行ってましたよ。
お手軽シーバスに…。

少し前ですが7月2日の金曜日、梅雨入りして雄物川は増水と激濁り↓
なら雨降って調子良くなる船越にしよ~。と楽観的に考えて行ってみる事に…。
どちらかと言えば秋に良く行くポイントだけど、行ってみないと分かりませんからね。
ポイントに少し早く着いたので水辺を観察!ベイトはいなく静かな水面。
こりゃやっちまったかな(汗)とか思いつつ、ゆっくり準備をして再びポイントへ行くと、
先程までいなかったベイトが岸際でピチャピチャしてる。
あとはシーバスが入ってれば完璧だなと思いつつキャストしていると、
「コンっ!」と軽いバイト。ボラかフッコかな…?なんて思いアワセを入れると同時にエラ洗い。
「えっ!結構良いサイズじゃん」
少し強引に寄せてきて、最後の寄せに入る。あとはオーシャングリップで………
フッ。
え~~~っ!!軽くなっちゃった↓推定70cmはあったのに(涙)
痛恨のバラシで泣きそうになりながらも再びキャスト開始。
ショートバイトはあるが乗らない。
そー言えば、さっき岸際にいたベイト、ハゼ稚魚みたいだったなぁ。
なんて思いつつルアーをシンキングミノーにチェンジして一投目、
ルアーがハゼみたいに短距離を少しずつ移動するよーにリトリーブスピードに変化を付ける。
すると!ゴン!!と先程より強烈なバイト。
すかさずフッキングしてファイトするが、これは完璧にバラしてはイケないサイズ。
ドキドキしながら慎重に寄せる(@_@)さっきは最後の寄せでバラしたから、
最後まで気を抜かずに捕獲完了。
7月レポート2




ヒレが大きく体高がある82cmのナイスシーバス(^^)あっ!!尾ビレ写ってない↓↓



7月レポート


これもだ・・・・↓


バラシの後のゲットだったんで誰もいないポイントで「よっしゃ~!」って叫んじゃいました(笑)
良く考えると、ははは恥ずかしい(*^^*)
その後もショートバイトはあったが集中力も切れてきたので終了としました。
いたる所でシーバス、バンバン釣れてきましたね↑
後日に雄物川にも行きましたがこちらは、画像だけ載せて頂きます。
だって釣ったっていうより釣れたって感じだったんだもん。
雄物川ウェーディング釣行記は次回おたのしみに・・・


雄物川NO1

ただこの時期の夜釣りは虫除け必須ですね。ブヨにカナブン、蛾の大歓迎を受けましたから。
どうせならクワガタとか飛んできたら良かったのに(笑)
最近は昆虫捕りにも行きたいmazuでした。
2010/05/06
08:33:27
GW前の26日、仕事が終わってから最近調子が上がってきたと言われる
サーフへシーバスを求め行ってきました。
まだ明るい時間にポイントに到着すると、北からの風7m…↓
モロに横風。少し悩んだが、強行する事にして準備を済ませサーフをランガンする。
横からの風でラインスラッグは出るが意外と釣りずらくはない。
ブレイクやカケアガリを狙うが反応は無し(*_*)ルアーを変えカラーを変えても反応無し…。
集中力が切れるオレ…(__)家に帰って晩酌でもしよ~かな?
なんて考えていると1人のアングラーを発見!話しを聞くと、やはり無反応との事。
しばらく談笑して、またランガンしていると根掛かりでルアーロスト↓↓
もう半分ベソかきながらラインシステムを組み直す。
システムを組み終えると周りにはアングラーが増えている(*_*)
こうしちゃおれん!!負けず嫌いパワーで集中力を強引に復活させ!!
キャストマシーンとかす。シンキングペンシルで遠投すると沖に流れが変化する所を
発見するがバイトは得られない。
ここで12cmのミノーに変える。シンペンより飛距離は劣るが泳ぎでシーバスを誘惑する。
無心でリトリーブしていると「ガツン!!」とバイト!同時にフッキングするとエラアライ。
サイズは大きくないながらもシーバスだと確認(^^)
あとはロッドワークでエラアライをさせないよう注意しながらシーバスを岸まで誘導。
寄せ波に合わせて引き上げて任務完了(^.^)


4月シーバス

55cmの小ぶりなシーバスながらもピカピカしたヒレピンのシーバスでした。
それからもバイトはあるが乗りきらないショートバイトの連続。
オレも乗りきらなくなり本日は終了としました。
今年はシーバスのコンディションがかなり良いのでこれからが楽しみです。
2010/04/09
08:40:21
3日の土曜日に義父と釣りの話しをしていると「ホッケ釣りに行ってみたい」との事で次の日の日曜日に急遽ホッケ釣りに行ってきました。若旦那さんや、カズヒサさんにアドバイスを頂き、向かう先は足場が良い椿漁港に決定!まだ真っ暗なうちに家を出る。とは言っても義父は釣りをほとんどやった時がなく、家を出発する時間の早さにまずはビックリ!「寒くないよ~に着ていがねばダメだや」と義母と嫁さんにしつこく言われ、いざ服装を見ると…。ポロシャツ2枚位に作業用防寒。「お父さん………それだと寒いかと…」
それでも義父は「今日の天気は晴れだからなんともね」と強気のコメント。
そんなこんなで出発して椿漁港に到着すると、人、ヒト、ひと、人だらけで狙いの先端付近には入れる確率はゼロ↓ならばと潮瀬に行ってみる事に。到着すると車はまばらだが風と波が強い(-_-)しかも寒い…。隣りを見ると義父が「少し寒いな」と大分、寒そうな顔をしている。「だから言ったのに…」車のトランクにウェーディングジャケットがあったので、手渡すと「これ暖かい」とやっと素直になってくれた(笑)今日は義父との釣行なので無理はさせたくない。考えた挙げ句、カズヒサさんに助けを求めに行く事にして海風に到着。今日は義父との釣行で他のポイントは全滅だっだとカズヒサさんに伝えると、沖堤には行く予定との事で急遽、沖堤に行く事にしてイロイロとレクチャーを受けて、出船!沖堤に向かう船の上で義父が「気持ちイイな!これだけで早起きした甲斐があるな」とのコメントに魚が釣れる釣れないは別として、どんな釣りが待ち受けているんだろう?っていうドキドキと、船の上での優越感と気持ち良さが本当に伝わってきて嬉しくなる。沖堤に到着する前に何だか満足しちゃいました(笑)ってイカンイカン!
沖堤に着くと他のお客さんと5人で同じポイントに上げてもらい釣りをする事にしてコマセやら仕掛けやら準備して、釣り開始(^^)と間もなく隣の人がナイスサイズのホッケを釣り上げる!来たかとばかりにコマセを大量投入。するとウキがズボッ!「お父さん。来ましたよ」なんて言いながら、こちらもナイスサイズのホッケをゲットン(^.^)すると今度は義父が「来たみたいだ」なんて言って竿を曲げる。「お父さん!ゆっくりでイイからね」とか余裕こいてると上がってきたのはオレのホッケより、遥かにデカイホッケ↓初ホッケの余韻に浸る間もなく義父に、またまたデカホッケがヒット。
「ななななぬぅぅ~」
負けられん!!
アタっ!アタタタタタっ!大量コマセを打つが無反応↓群れが消えてしまったみたいで、しばらく無反応が続いたのでホッケを捌いて干す事にした。その間も義父は目をギラギラさせて海面を漂うウキを見つめている。きっと楽しんだろ~な(^^)と思いながらホッケの開きを完成させる。


2010040412040000_convert_20100409083525.jpg


その後もポツポツと釣れ続き午後になる位には結構な数が釣れていた。
途中カズヒサさんから電話があり、迎えに来てくれる時間を何通りか伝えられた。「きっと早目に帰るんだろ~な」と思い義父に伝えると、エサがあるうちはやる!とたくましい言葉が帰ってきました。ならばとバックアップしながらコマセが無くなるpm4:00までびっちり頑張り結果は2人で40匹前後を釣り上げる事に成功。

hottke.jpg

今回はコマセをきっちり入れて釣るパターンがハマったみたいで、あまりコマセを撒かない人は釣果が伸びなかったという印象でした。帰りも大満足と同時の大疲労な義父と潮風にあたりながら帰省となりました。今回、お世話になりましたカズヒサさん、本当に有り難うございました。
義父も釣りにハマりそうです(笑)

今回、更新がかなり遅れてしまいましたが、これには訳があり実はホッケの怨念で巨大「ものもらい」が右目に出来てしまいPCに向かうことさえできませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。